YouTubeとGoogleの広告設定に変化。お酒とギャンブルが除外に?

 アメリカのGoogleは12月からブラウザやアプリを使う時に表示される広告を管理する広告設定で、アルコールとギャンブルに関する広告の表示を削減する項目を追加すると発表しました。最初はアメリカのYouTubeで設定が可能となり、来年には世界で適用される見込みです。

今回の適用の背景

 アルコール等の特定の広告を制限したいというフィードバックを受け、Googleのディスプレイ広告には既に特定の広告をミュートできる機能があります。ギャンブルやお酒の広告は子供などが見るにふさわしくない、お酒やギャンブル依存がある人たちの社会復帰を阻害する可能性があるという世間の状況を受けてのGoogle側の対応ということでしょうか。

カジノで損をしない方法

You Tubeにも適用

C:\Users\舞美\Downloads\yu_ad.jpg

 前述したとおりGoogleの広告ネットワークによるディスプレイ広告には、特定の広告をミュートする機能がありますが、一度は広告を目にしてしまうことになります。今回の広告設定で最初から表示を制限することで、広告を見ることなく表示を制限することが可能となります。YouTube上の広告カテゴリという設定項目も追加され、アルコールやギャンブルの広告表示を減らすことが可能となります。

オンラインカジノ必勝法

Chromeで既に適応されている広告ブロック

 GoogleはChromeブラウザで3種類の動画広告をブロックしています。適用される広告は以下の三つです。

 ・Chromeブラウザで3種類の動画広告をブロックすると予告した。8月5日に開始する計画。

 ・Chromeブラウザで3種類の動画広告をブロックすると予告した。8月5日に開始する計画。

 ・Chromeブラウザで3種類の動画広告をブロックすると予告した。8月5日に開始する計画。