マーチンゲール法はカジノで有用な手段なのか?

マイチンゲール

「カジノで負けたくない!勝って稼ぎたい!」
誰だってそう思う。
オレだってそう思う。
しかし勝負の世界は厳しいもの。カジノゲームを経験したことがある人ならカジノゲームがどれほど難しいかわかるでしょう。

カジノで遊ぶ際に使える有効な攻略法は無いのかと考える方も多いのではないのでしょうか?
じつはあります!カジノゲーム界では「マーチンゲール法」「モンテカルロ法」「バーレー法(逆マーチンゲール法)」など様々なカジノ攻略法が存在しています。

今回そんな数あるカジノ攻略法からマーチンゲール法について調べてみました!
・どのような法則なのか?
・果たして有用な攻略法なのか?

気になりますよね?早速見ていきましょう。

マーチンゲール法の特徴とは?

マーチンゲール法は18世紀にフランスで考え出されたベット戦略の一種です。最も古典的かつ有名な手法で、ベットを倍賭けにしていく方法です。1対1のペイアウトに有効な法則で、ルーレットの赤黒やバカラやブラックジャックなど、50%の勝率のあるゲームで使えます。

まず最初に基本となる賭け金を決めてベットします。もし負けたら次のゲームでは先程の賭け金の2倍の金額をベットします。また負けたら更に2倍と賭け金を増やすことで勝ったときに最初の基本金額を取り戻すことができます。

簡単にシミュレーションしてみましょう。
・最初に $1を賭けてゲームを始めます。
・負けたら次は $2。
・負け続けた場合 $4→$8→$16→$32→$64→$128 とどんどん賭け金を大きくしていきます。

たった1回勝つことができればたとえ連敗していても負け分を一気に取り戻せるのがマーチンゲール法です

シミュレーション通りに行けば「マーチンゲール法は勝てばそれまでの負け分を取り戻すことができ、そして初期ベット額分プラスになる」システムベットといえるのです。

マーチンゲール法が有効なゲーム

上記の説明の通り、マーチンゲール法は払い戻し倍率を倍々にすることで負け分を取り戻す法則です。
よって有効なゲームは勝率約50%、払い戻しが倍率2倍のゲーム、すなわち

ブラックジャック
・ルーレット
・バカラ
・シックボー
・クラップス

などが当てはまります。

マーチンゲール法のデメリット

とはいえ、マーチンゲール法にもデメリットがあります。

・大量の資本金が必須
賭け金が負ければ負けるほど増えていくので万が一に備えて充分な元手となる資金を用意する必要があります。

・テーブルリミットと相性が悪い
カジノゲームには最大ベットというベット金額の上限が設定されています。どんなに資本金を持っていてもテーブルリミットに達した場合マーチンゲール法で負け分を取り戻すことができなくなるのでテーブルリミットの上限には目を光らせておかなければなりません。

検証してみる

この記事を書くためにマーチンゲール法を知っているカジノプレイヤーにお話を聞いてみましたが、意見はなんと賛否両論でした。
初心者でも簡単にできるし簡単でオススメと言う意見や、負け続けた場合の損切りポイントの見極めが難しいからやめたほうがいいなど。
なるほど~と熟練プレイヤーの含蓄のある説明をもらえました。

とはいえここまでマーチンゲール法について説明してきた筆者ですが、実はマーチンゲール法を試したことはありません。
記事を書いてるくせにマーチンゲール法を試していないとは言語道断!

そんなわけでさっそくベラジョンカジノでルーレットに挑戦してみました!

ルーレットで延々と赤に賭けてみました。
テーブルリミットは最小 $1から $500までのテーブルに設定して対策しました。
これで9回連続で負け続けない限り大丈夫・・・さすがに9回も当たらなかったらもうこの日は諦めたほうがいいですね。帰って寝るべきです。
その結果は・・・勝っちゃいました!
約30分の間に一時はマイナス $30になったときは焦りましたが、終わってみれば $57でストップしました。
使える!マーチンゲール法は有効です!

今回自分でチャレンジしてマーチンゲール法の手応えですが、あくまでも「理論上有効な方法」だが「必勝法」ではないと感じました!

マイナスが $30膨れ上がったときは「あれ?駄目じゃないかマーチンゲール法!?」と思いましたが一回の勝利で状況を持ち直すことができるので非常に安心感があります。
とはいえ調子に乗ってこれ以上続けた場合もっと稼げたかもしれませんし、逆に大負けしいた可能性もあります。辞め時を見極めて引き際を見誤らないことができるかが重要だととても感じました。

無計画にベットするくらいなら理論に基づきゲームを楽しんで稼ぐべきです。
読者の皆さんもルーレットやブラックジャックなどで遊ぶ際はマーチンゲール法を使ってみてはいかがでしょうか?

マーチンゲール法の経験談や今回この記事を読んで初めて知って使ってみた感想談もお待ちしております!!