ペイアウト率とは|その意味や計算方法、おすすめビデオスロットもご紹介

ギャンブラーなら確実に知っておきたいペイアウト率。

オンラインカジノプレイヤーであれば、一度は耳にしたことがあると思います。

本記事ではペイアウト率の意味や、計算方法、ペイアウト率の高いビデオスロットなどについてご紹介していきます。

ペイアウト率とは?

このペイアウト率とは、ずばり“賭けた金額に対する払い戻し額の割合”です。

ペイアウト率が高ければ高いほどプレイヤーが有利となり、低ければ低いほどプレイヤーが不利になります。

ペイアウト率の計算方法

ペイアウト率の計算方法は「払い戻された金額」÷「賭けた金額」×100となります。

オンラインカジノではペイアウト率をサイト上で公表しています。

オンラインカジノサイトによっては、ペイアウト率を毎月更新発表しておりさらにその数値は第三者機関の目で監査を受けているなんて話もあります。

今の時代ギャンブルであるカジノでも、そこまで誠実な運営をしないと生き残れないということでしょう。

これだけオンラインカジノの種類があればプレイヤー側も信頼できるカジノでしかプレイしたくないですもんね。

しかしそれでも中にはペイアウト率をしっかりと公表していないオンラインカジノもあるため、必ず自分自身の目で確認してからプレイするよう注意しましょう。

ギャンブルのペイアウト率ランキングは?

もちろんオンラインカジノ以外のギャンブルにもペイアウト率(還元率)はしっかりと設定されています。

日本でも馴染みの深いギャンブルのペイアウト率を見てみましょう。

ギャンブル名 還元率 管轄
オンラインカジノ 93~98% 各運営会社
パチンコ 80~85% 警察庁
競馬 70~80% 農林水産省
ボートレース 75% 国土交通省
競輪 75% 経済産業省
オートレース 70% 経済産業省
宝くじ 46% 総務省

ペイアウト(還元)率とは「たくさんの回数遊んだ時、1回に得られる利益率の平均」です。

下記は例として1万円を使った時の各ギャンブルの返ってくる金額です。

ギャンブル名 還元率 返ってくる金額
オンラインカジノ 93~98% 9,300~9800円
パチンコ 80~85% 8,000~8,500円
競馬 70~80% 7,000~8,000円
ボートレース 75% 7,500円
競輪 75% 7,500円
オートレース 70% 7,000円
宝くじ 46% 4,600円

では返ってくる金額以外のお金はどこに行っているのか?と疑問に思うかたといると思います。

当たり前ですがギャンブルも運営側が存在しているため、利益を儲ける必要があります。

つまりこの差額は運営側の儲けとなっているのです。

そのためプレイヤーはいつもマイナスからのスタートであり、一攫千金の可能性もあるのですが、遊ぶ場合は還元率も考慮した方が良いということですね。

こうして比較するとオンラインカジノの還元率は日本の公的なギャンブルよりもペイアウト率が高いことが分かります。

逆に日本の多くの人が楽しんでいる宝くじは46%とかなり低く驚く方も多いのではないでしょうか。

バカラはペイアウト率が高い?

バカラで設定されているペイアウト率は多くが99%です。

その分倍率が高すぎないように設定されていますが、それでも99%のペイアウト率は高いですよね。

オンラインカジノでのスロットのペイアウト率は95%程度ですので、それを考慮してもバカラはペイアウト率が高いと言えるでしょう。

とにかく当たった時の配当はそこそこ大きいゲームです。

バカラのペイアウト率が高い理由

では、なぜバカラではこれほど高いペイアウト率となっているのでしょうか。

理由はバカラのルールにあると考えられます。

バカラではバンカー側を当てた場合、手数料を少しだけ抜いてから支給、プレイヤーの場合はそのまま2倍の額を支給となっています。

手数料として少し抜いているため、既にペイアウトしていると考えられるので他の部分で抜く必要がないのです。

バンカーを選んでいて当たった場合は、ルールの時点で既に少しだけ抜かれているという考えです。

このようにペイアウト率を高められる理由がしっかりとあるため、ブラックジャックなどのゲームよりは続けやすいですね。

当たった時の配当は大きいので、大金をベットしている場合はよりメリットを得られるようになっています。

バカラをプレイする時は、ペイアウト率の低下を心配する必要もありません。

ベラジョンカジノ・ビデオスロットのペイアウト率

ベラジョンカジノにはたくさんの種類のビデオスロットが取り揃えられておりその数は1,000を超えています。

ビデオスロットのペイアウト率は、最低でも90%を超えていることがほとんどです。

これなら安心して手軽に楽しくプレイすることができますね。

しかし90%というペイアウト率も、あくまで全体の平均の数字です。

もちろん個人差もあり、負けないための戦略や工夫によってペイアウト率が高くなることもありますし、逆に低くなることもあります。

またビデオスロットの種類によってもペイアウト率は異なります。

中にはペイアウト率が89%のものもあれば、98%なんてものもありますので自分で必ず確認するようにしましょう。

ベラジョンカジノのペイアウト率が高いビデオスロット3選

ビックバッドウルフ(big bad wolf):97.34%

三匹の子豚をモチーフにしたビデオスロットですが、ペイアウト率はなんと97.34%

見た目も見事に物語の世界観を表しており、メルヘンチックにカジノを楽しむことができそうです。

ホームズ アンド ザ ストールン ストーン(holmes and the stolen stone):96.8%

こちらは名探偵ホームズがモデルとなっているビデオスロットです。

日本語名では「ホームズと盗まれた宝石」がタイトルとなっています。

こちらもなんとペイアウト率は96.8%。

宝石を集めるとフリースピンの回数が増えるようです。

イモータル ロマンス(Immortal Romance):96.86%

こちらもなんとペイアウト率は96.86%。

さらにこのビデオスロットはジャックポットがなくても高い配当が狙える仕組みがあります。

「Wild Desire」という画面になると3リールから5リールがWILDになるという嬉しい仕掛けが。

ペイアウト率も高くてこんな嬉しい仕掛けもあるなんてお得なビデオスロットですね。

まとめ

ペイアウト率についてより深く知ることはできたでしょうか。

本記事を参考に、より賢くギャンブルを楽しんで頂けたら幸いです。