オンラインスロットとパチスロの違いと、オンラインスロットのメリット

スマホなどを使ってオンライン上でプレイできる「オンラインスロット」と日本のパチンコ店でプレイする「パチスロ」がありますが、どこが違うのか気になる人は多いと思います。

ここではオンラインスロットとパチスロとでは何が違うのか解説します。

オンラインスロットにあるメリットについてもご紹介するので、スロットが好きな人は読んでみてください。

オンラインスロットとパチスロの違い

オンラインスロットとパチスロ、それぞれの違いについて解説していきます。

勝利金の大きさ

 オンラインスロットとパチスロの最も大きな違いは、動く金額の大きさです。 

パチスロでは1日プレイしてたくさん勝っても20万円くらいが限界になります。

これに対してオンラインスロットでは、一回で数十万円や数百万円獲得することができます。

またジャックポットと呼ばれる大当たりがあるので、これが当たった場合には数億円もの勝利金が手に入る可能性があります。

ルールの簡単さ

ルールの簡単さも違います。パチスロはルールが複雑です。

最近はルールが複雑になってきていて、当たりやすいゲーム数があったり、「○回転回せば当たる」という当たりやすい回数があったりして、勝つためには様々な知識が必要になります。

これに対してオンラインスロットはルールが簡単です。

パチスロのような複雑なルールはないので、知識がなくても勝てる可能性が十分にあります。

オンラインスロットのメリット

オンラインスロットにあるメリットをいくつかご紹介します。

公平なプレイができる

オンラインスロットはパチスロよりも管理体制がしっかりしているので、不正のない公平なプレイができます。

「オンラインスロットは、オンライン上で遠隔操作して勝てないようにされているんじゃないのかな?」 と思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

RNGを使っているので公平

オンラインスロットをはじめオンラインカジノでは、 RNG(ランダム・ナンバー・ジェネレーター) という完全にランダムな結果を生み出すことができる機能を使っています。

遠隔操作されていることもなく、公平に勝ち負けが決められているのです。

運営にはライセンスが必要

ライセンス-malta

オンラインカジノを運営するには、国から発行される 「ライセンス(許可証)」 を取得する必要があります。

例えばマルタ政府のライセンスなどは多くのオンラインカジノが保有しています。

オンラインカジノの運営会社にスロットゲームを提供しているゲーム会社も同じようにライセンスを取得しなければなりません。

オンラインスロットをはじめオンラインカジノは国から許可されている安心なギャンブルなのです。

監査機関によってチェックされている

オンラインカジノにはゲームや運営体制をチェックする以下の監査機関があります。

  • eCOGRS:オンラインカジノに特化した監査サービスを提供している会社
  • TST(Technical Systems Testing):世界的に有名な技術を審査する会社
ecogra
TST

これらの監査機関によって、オンラインスロットをはじめとするオンラインカジノのゲームの審査がされています。

カジノ運営会社が勝者を選ぶことはできず、オンラインスロットは完全に公平な結果となっているのです。

ボーナスの還元率が高い

オンラインスロットのボーナスの還元率はパチスロよりも高いです。

パチスロのボーナスの還元率は80%くらいとなっています。

パチスロのボーナスでは、基本的に設定が1~6までありそれぞれの設定によって還元率が設けられています。

例えば「機械割 110%」という良い台では、ベットした額の 110%の期待値が戻ってきます。

しかし機械割 110%は中でも良い台なので、全体で見ると80%くらいの還元率です。

これに対してオンラインスロットのボーナスの還元率は、94 %~ 98%となっています。

このようにパチスロよりもオンラインスロットの方がたくさん還元していることがわかります。

ボーナスの種類が多い

オンラインスロットには ボーナス がたくさんあります。

オンラインスロットではボーナスの種類が多く提供されているので、パチスロよりもボーナスを獲得しやすくなっています。

ボーナスの種類はたくさんありますが、代表的なものには「入金額の○%のボーナス」「入金不要で○ドルのボーナス」というものがあります。

「入金額の100 %のボーナス」を例に見てみます。

100ドルを入金したらボーナスとしてさらに100ドルもらえるので、合計で200ドルある状態からプレイできます。

オンラインカジノスロットではボーナスをもらって還元率の良い環境でプレイできるので、パチスロよりも勝ちやすくなります。

ボーナスをもらった場合には、 「賭け条件」 という出金するための条件がついてきますが、これが面倒だという人は「ボーナスをもらわない」という選択をすることもできます。

カジノのボーナスの条件については、それぞれのカジノのページで確認してください。

「ジャックポット」という大当たりがある

オンラインスロットには 「ジャックポット」 という大当たりがあります。

「そんなの当たらないんじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、ジャックポットは頻繁に出ています。

オンラインスロットでは数万~数十万円のジャックポットが出ることは日常茶飯事です。

過去には日本人プレイヤーで数億円のジャックポットを当てたという人もいます。

過去にジャックポットが出た例を見てみると、2017年1月3日には日本人プレイヤーがカジ旅で約400万円のジャックポットを当て、 2018年4月21日には日本人プレイヤーがパイザカジノで1億7千万円のジャックポットを当てました。

ジャックポットの仕組み

「ジャックポット」というのは海外のカジノでよく使われる言葉で「大当たり」を意味する言葉です。

日本のパチスロにはない規模の大当たりです。

オンラインスロットのジャックポットは 「プログレッシブ・ジャックポット」 というシステムが主流です。

このシステムの仕組みは、世界中のプレイヤーがオンラインスロットに賭けた金額の一部が貯められていって、ジャックポットを当てたプレイヤーはそれまでに貯められていた賞金を全て獲得できるという仕組みになっています。

ジャックポットで貯められる金額はそれぞれのカジノ毎に貯められているのではなく、大元のソフトウェアが管理をしていてカジノ全体で貯められています。

そのためどのカジノからプレイをしてもカジノ全体で貯められた高額のジャックポットを獲得できるのです。

ジャックポットを狙って、ジャックポットの金額がたくさん貯まっているスロットをプレイするというのもおすすめです。

24時間いつでもどこでもプレイできる

スマホカジノ

オンラインカジノであるオンラインスロットなら24時間いつでもプレイできます。

仕事が終わった後にスロットがしたい時、パチンコ店が閉まっていて遊べないということもありません。

オンラインスロットなら仕事が遅くに終わってもゆっくり遊べます。

場所を選ばずにどこでもプレイできるのもメリットです。

パチスロだとパチンコ店まで行く必要がありますが、オンラインスロットなら自宅にいながらのんびりプレイできます。

スマホに対応しているカジノであれば電車の中などの移動中にスマホでプレイすることも可能です。

まとめ

ここではオンラインスロットとパチスロの違いと、オンラインスロットのメリットについてご紹介しました。

オンラインスロットは日本ではまだ馴染みがないかもしれませんが、勝利金が多く獲得できたり、いつでもどこでもプレイできたりとメリットがたくさんあります。

無料で体験版のゲームがプレイできるものもあるので、ぜひ試してみてください。