オンラインカジノで得た利益に確定申告は必要なのか?

オンラインカジノって儲けたお金には税金がかかるので、場合によっては確定申告が必要になります。

ここではどのような場合にオンラインカジノで得たお金に確定申告をする必要があるのかご説明します。

確定申告の方法や、確定申告をしなくて済む方法についてもご説明するので、オンラインカジノをする人は参考にどうぞ。

オンラインカジノなどのギャンブルで稼いだお金には税金がかかる

ギャンブルで稼いだお金は一時所得なので税金がかかる

オンラインカジノをはじめギャンブルで稼いだお金には税金がかかります。

法律上、 ギャンブルで稼いだお金は一時所得とみなされるので課税対象になります。 

一時所得とは、突発的に発生した収入に対してかかる税金のことで、以下のようなものがあります。

一時所得一覧(一部)
  • 懸賞や福引の賞金品、競馬や競輪の払戻金
  • 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金
  • 法人から贈与された金品
  • 遺失物拾得者や埋蔵金発見者の受ける報労金

オンラインカジノをはじめギャンブルで稼いだお金は、上記の中の「懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金」にあたるので、課税対象になります。

ギャンブルをしている人は「競馬やパチンコに税金を払ったことはないけど、何も言われていない」と思うかもしれません。

競馬やパチンコなどのギャンブルに税金を払っているという人はいないと思います。

他のギャンブルには金を払わなくていいのにどうしてオンラインカジノには税金を払わなければいけないのか、下記でご説明します。

オンラインカジノだけ税金を払わなければならない理由

実際はオンラインカジノ以外のギャンブルにも税金がかかっています。

競馬やパチンコなどのギャンブルにも本当は税金を払わなければなりませんが、払っていなくても咎められることはほとんどありません。

これは勝金の受け取り方に理由があります。

競馬やパチンコは勝金を受け取る時に現金で受け取るので、銀行などに記録が残りません。

こうなると税務署側はお金の流れを把握できないので取り締ることが難しくなるので、税金を払っていなくても見逃されているのです。

これに対してオンラインカジノは勝金を受け取る時は銀行振込などになるので記録に残ります。

そのため税務署側がお金の流れを簡単に把握することができ、納税しなければ咎められてしまうのです。

オンラインカジノで得たお金に確定申告が必要な場合

どのような場合にオンラインカジノで得たお金に確定申告をする必要があるのかご説明します。

オンラインカジノで得たお金が50万円を超えたら確定申告が必要

目安として、オンラインカジノで得たお金の合計が50万円を超えた場合に、確定申告が必要になります。

サラリーマンであれば、70万円までは確定申告をしないままの状態で受け取ることができます。

オンラインカジノで得た利益の計算方法

オンラインカジノをはじめ一時所得の計算方法は以下の通りです。

 「一時所得」=「収入金額」―「支出金額(経費)」―「特別控除(最高50万円)」  

一時所得は、特別控除として最高50万円まで収入金額から差し引くことができます。

そのためオンラインカジノで得た利益が50万円以内である場合は確定申告をする必要はありません。

サラリーマンであれば、給与以外の所得が20万円以上の場合に確定申告をする必要があり、70万円までであれば確定申告をする必要はありません。

オンラインカジノで得たお金を確定申告する方法

オンラインカジノで得たお金を確定申告する方法についてご説明します。

確定申告の時期について

個人の所得には、その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金が当てはまります。

5月1日にオンラインカジノを始めた場合には、5月1日からその年の12月31日までに稼いだお金が所得になります。

確定申告をする必要がある場合には、翌年の2月16日から3月15日までの間に税務署に申告しなければなりません。

1人で確定申告書を作成することが難しい場合には、税理士に依頼することもできます。

オンラインカジノの確定申告に必要な書類

オンラインカジノで得たお金の確定申告をする際に必要になる書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 経費の領収書
 「源泉徴収票」 は企業に勤めている場合は、年末年始に企業から受け取ることができます。

 「支払調書」 は年末年始ごろにオンラインカジノから受け取ることができます。

 「経費の領収書」 については、オンラインカジノのお金を得るためにかかった費用がわかる書類があれば準備しておきます。

オンラインカジノの経費は勝利金を得たときの賭け金のみ

オンラインカジノの経費となるのは勝利金を得たときの賭け金のみになります。

上記の計算式にある「支出金額(経費)」は、損失した金額ではなく、勝利金を得たゲームに賭けた金額のみです。

例えば、Aさんが100円賭けて、大当たりを引き当てて100万円になったとします。

ですがその後ゲームを続けて勝利金の100万円を使い切ってしまった場合にも確定申告しなければいけません。

この場合、支出金額は100円です。

手持ちのお金が0円になっていても、100万円に対してかかった税金を払わなければなりません。

オンラインカジノで確定申告をしないで済む方法

オンラインカジノで勝利金を得ても確定申告しなくていいケースがあり、それは以下の2つです。

オンラインカジノの勝利金が50万円以内である場合

オンラインカジノでの勝利金が50万円以内である場合には確定申告をしなくて済みます。

オンラインカジノには大当たりがあるので、勝利金を調整することは難しいですが、50万円以内であれば、確定申告の必要はありません。

オンラインカジノから勝利金の引出しを50万円以内にした場合

オンラインカジノから引き出す金額を50万円以内に収めた場合にも確定申告をしなくて済みます。

税務署は、オンラインカジノから個人の銀行口座に振り込まれた金額を課税対象とみなしします。

そのためオンラインカジノから引き出す勝利金の金額を50万円以内に収めれば、確定申告をする必要はないのです。

まとめ

ここではどのような場合にオンラインカジノで得たお金に確定申告をする必要があるのか、また確定申告の方法、確定申告をしなくて済む方法についてご説明しました。

オンラインカジノでたくさんお金を儲けて確定申告が必要になった場合には、ここにある内容を参考にしていただけたらと思います。