オンラインカジノで税金がばれる理由|エコペイズがばれないって本当?

オンラインカジノの勝ち金って税金はかかるの?!

なんなら脱税って…できるの?

そんなあなたへの疑問に本記事では詳しくお答えしていきます。

日本円

オンラインカジノに税金がかかる理由

オンラインカジノ好きであれば必ず知っておきたいのですが、実はオンラインカジノで稼いだお金には税金がかかります。

なぜならばギャンブルで稼いだお金は日本の法律上で言うと一時所得」としてみなされるため課税対象となるからです。

一時所得に分類されるもの
  • 懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金⇒オンラインカジノはこれに該当
  • 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金等
  • 法人から贈与された金品(社内行事の景品など)
  • 遺失物取得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

オンラインカジノで稼いだお金は「懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金」に該当するため課税対象となります。

しかしここでギャンブル好きの方であると「競馬でもパチンコでも税金払ったことないけど、何も言われたことない」…と思った方もいるのではないでしょうか。

確かに競馬やパチンコや宝くじなどの日本の公的なギャンブルに税金を払っているイメージはあまりないかもしれません。

実際問題として、きちんと払っている方も少ないと思います。

オンラインカジノだけ税金がかかる理由は?

それではなぜオンラインカジノは税金がかかるのでしょうか?

実のところを言うと、税金がかかっているのはオンラインカジノだけではありません。

もちろん競馬やパチンコなどの勝ち金にも税金は支払わなければならないのです。

しかし競馬やパチンコに関する脱税ニュースってあまり聞かないですよね。

理由は勝ち金の受け取り方法にあります。

パチンコや競馬はやったことのある人なら知っているとは思いますが、現金を直接受け取る方法となるため銀行に記録が残りません。

そうなってしまうと、税務署側は詳しくお金の流れを把握できないため取締が難しくなってしまっているという状態なのです。

※ちなみに宝くじの場合は予め税金が天引きされているようです。

一方でオンラインカジノの場合、現金を直接受け取るということはないですよね。

勝ち金を出金するためには、銀行や小切手など何らかの記録が残る方法しかありません。

きちんと納税しなかった場合、税務署側は容易の把握することができるため追求されてしまいます。

そのため(当たり前ですが)きちんと納税する必要があるのです。

オンラインカジノには確定申告が必要

これまでの流れでオンラインカジノの勝ち金の納税は必須!ということは分かりました。

しかし納税すると言っても、普段企業勤めの方はどうしたらよいのか分からないことも多いでしょう。

オンラインカジノの勝ち金は個人の収入とみなされるので、自分で確定申告を行うことで納税する必要があります。

納税のかかる時期と申告時期

そもそも税金の期間の考え方としては、その年の1月1日〜12月31日までの稼いだお金が対象となります。

そしてその期間の税金の申請は翌年の2月16日〜3月15日の間に確定申告をします。

確定申告は中々面倒な作業なので、ついつい後伸ばしにしてしまうこともありますが必ず早めに行うことがおすすめです。

なぜならば、この時期の税務署はとっても混雑しているからです。

後のばしにしがちなのは皆さん同じなので、この時期の税務署はギリギリになればなるほど激混みになります。

しかし反対に早めに済ませたい勢が2月16日の週に殺到しますので、2月下旬〜3月初旬あたりがおすすめということになります。

早め早めの行動を心がけましょう。

税金の算出方法

冒頭でもお伝えしましたが、オンラインカジノでの勝ち金は一時所得とみなされ課税対象になります。

一時所得の算出方法は下記の通りです。

一時所得の計算
【一時所得】=【収入金額】―【支出金額】―【特別控除額(最高50万円)】

その人の1年の儲けから賭け金を引き、さらに特別控除額を引いた額を一時所得とします。

特別控除額があるので、50万円未満の設けの場合納税の必要はありません。

会社勤めの方は、給与以外に20万以上の収入があると確定申告が必要です。

そのため70万以上儲けていない人は確定申告をしなくても大丈夫です。

しかしここで注意しなければならないのが、【支出金額】に損失額は含まれないという点です。

例えば「3月20日に50万賭けて200万稼ぎ、3月21日に100万賭けて150万負けた」場合の支出金額は、50万円です。

一時所得の計算は、所得が発生したときだけに適応されます。

勝った時に支出しか【支出金額】にはなりません。ここが要注意ポイントです。

そのため1年のトータル収支ではないため、勝つ度に収支はなるべくこまめに記録しておきましょう。

確定申告に必要な書類は?

確定申告を行う際は、下記の書類が必要です。

支払調書は、オンラインカジノに直接問い合わせて貰うか、自分自身でプリントアウトしたり自分で付けた帳簿でも可能な場合があります。

事前準備
  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

これらの書類を準備すれば、後は普通に確定申告を行うのみです。

分からないことがあれば税務署の方に質問しましょう。

エコペイズは税金ばれない?

巷でエコペイズであればオンラインカジノでも税金が見逃される?といった噂がありますが、残念ながらそんなことはありません。

これは税務署側が厳しいという訳ではなく、オンラインカジノというシステムである以上、課税対象となる所得隠しは不可能であるからです。

オンラインカジノを楽しむ以上、きちんと税金は支払いましょうね。

まとめ

以上のようにオンラインカジノでの勝ち金には税金がかかり、個人での確定申告が必要です。

大きな額を儲けた時は、つい嬉しくてうかれがちですがきちんと記録を残し、翌年にはきちんと確定申告を行いましょう。