IRと暴力団やマフィアとの関係

 日本でのカジノ設立を待ち望んでいるのは日本政府だけではありません。反社会勢力もカジノの恩恵を受けようと企んでいるのは明白ですね。

カジノ史に残る『ビッグウィン』トップ5

 夜な夜なカジノやオンラインカジノで勝負をかけるギャンブラーたち。国も時代も人種も性別も違えど、その願いはただ一つー「一攫千金」でしょう。せっかくギャンブルを楽しむなら、一度はジャックポットを当てて、大金を手にしてみたいものです。

YouTubeとGoogleの広告設定に変化。お酒とギャンブルが除外に?

 アメリカのGoogleは12月からブラウザやアプリを使う時に表示される広告を管理する広告設定で、アルコールとギャンブルに関する広告の表示を削減する項目を追加すると発表しました。最初はアメリカのYouTubeで設定が可能となり、来年には世界で適用される見込みです。

国内最大級のアナログゲームの祭典

ゲームの祭典1

 ゲームマーケットは“電源を使用しない”アナログゲームの振興と、ユーザの交流を目的とした大勢で楽しく過ごせるイベントです。

カジノのIR誘致に赤信号

 世界的なコロナの拡大に伴い各地でカジノ事業の経営悪化がとりただされています。

日本が計画しているIR(統合型リゾート)の誘致事業にもストップがかかりそうな気配。それに加えて先日報道されIR誘致に伴う汚職事件も事業の誘致に歯止めをかけています。

IRをめぐる整備計画の申請方針案

IR1

自民党国土交通部会、内閣第一部会などの合同会議は9日、カジノを含む統合型リゾート(IR)をめぐり、誘致を目指す自治体による整備計画の申請を2021年10月以降受け付けるなどとした方針案を了承しました。政府は来週にも正式決定とのことです。 

偉大なギャンブラー柏木昭男

柏木昭男1

 柏木昭男は1937年に山梨県に生まれました。1992年に亡き人となっておりますが、死因は暗殺という、ギャンブラーらしい死に様です。中学校を卒業後、農業や登山者の道案内などで生計を立てるようになったのち1969年頃に親戚と一緒に不動産事業を始め「山梨の不動産王」と呼ばれるまでになります。