もう一つのMGM社がベネチアンホテルを買収か?

C:\Users\舞美\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache\Content.Word\ダウンロード.jpg

ラスベガスでベネチアンホテル等複数のリゾートを所有・運営しているラスベガスサンズ社が、それらのホテルの売却を検討しています。

MGM社が第一候補

オンラインカジノでラスベガス気分

 買い取り相手はシーザーズ社やウィン社など数社考えられますが、数日前から MGM社の名前も上げられています。各メディアの報道によると、MGM社とサンズ社は既に接触している模様です。どちらもコメントを避けているので、真偽はまだ不明です。

 サンズ社がラスベガスに保有している物件はベネチアンホテル、パラッツォホテル、サンズ・エキスポ・コンベンションセンターなどで、売却の想定価格は約60億ドル程度(6000億円以上)と言われています。

ラスベガスで損をしない方法

MGM社の実態

 MGMと名の付く会社は、MGM Resorts International と MGM Growth Propertiesの二つが存在します。有名な「MGM社」は前者でラスベガスや他の都市でカジノやホテルを運営している会社です。

 後者のMGM Growth Properties(以下 MGP)については不動産投資会社です。投資家より資金を集め、不動産に投資をし、運用益を投資家に還元する不動産投資信託を取り扱っています。

 MGM とMGPは、ホテルそのもの、つまり不動産を保有しているのがMGPで、その物件を借りながらホテルやカジノを運営しているのがMGMという関係になっており、この関係性からもベネチアンホテルの買い手がMGMになる公算は大きいと言われています。