IRと暴力団やマフィアとの関係

 日本でのカジノ設立を待ち望んでいるのは日本政府だけではありません。反社会勢力もカジノの恩恵を受けようと企んでいるのは明白ですね。

IRとは?

IR(統合型リゾート)とは、国際会議場や展示施設、カジノ、ホテル、レストラン、ショッピングモール、映画館、劇場、遊園地、温泉、スポーツ施設などが一体になった観光施設のことを指します。統合型のリゾート施設を設置したシンガポールやマカオ、香港、韓国など、観光拠点として盛り上がり発展を遂げた都市が多くあります。

勝てる人、勝てない人

IRを取り巻く問題

 IRを導入したマカオなどでは国の収支が増加し、国民にいいことずくめのようにみえますが、日本にIRが導入されたとき、やはり気になるのは治安の問題ですね。すでに暴力団などの反社会勢力がIRに関与しようと動きだしているという話もあります。ラスベガスのように参入は上場企業のみ、税務調査報告や取引先一覧などを政府に提出するなどの、厳しい参入規制を敷いてもおそらく完全に防ぐことは難しいのではないかと言われています。

ベストなモバイルカジノ

暗躍する中国マフィアの影

 今中国では偽造品のゲーミングチップを作り、日本のIRでそれらをばらまくような計画がマフィアによって企てられているかもしれません。実際に地方の貧民層がマフィアによって偽造カジノチップの製造を手伝わされ、マカオの当局に逮捕されています。この一件は原材料の調達が難しい偽造紙幣を作るより、偽造チップを作る方が犯罪組織にとっては簡単ということを証明してしまいました。