ファンタジースポーツとは?欧米で人気の新型スポーツを解説

ファンタジースポーツ

ファンタジースポーツについて

「ファンタジースポーツ」というのを聞いたことはあるでしょうか?

ファンタジースポーツとは賭け事の一つです。

日本ではあまり馴染みがありませんが、ヨーロッパやアメリカでは人気を集めています。

ヨーロッパではブックメーカーという賭け屋も合法であり、賭け事が根付いていて、ファンタジースポーツでは賭け事とスポーツが一体となって根付いているのです。

とくにサッカーが人気で、多くの人に楽しまれています。

どのような賭け方をするかの戦略を「ベッティング」と言いますが、このファンタジースポーツはとても面白いベッティング内容となっていて、まさにファンタジーでワクワクする内容です。 

ファンタジースポーツは世代を問わず楽しめるので、きっとあなたも気に入りますよ。

もしかしたら、これから日本でも流行るかもしれません。

ファンタジースポーツが気になるという人は、ぜひこの記事でどんなものなのかチェックしてみてください。

ファンタジースポーツの概要

まずファンタジースポーツとはどういうものなのかご説明します。

ファンタジースポーツには主にサッカーや野球などのチームプレーで行うスポーツがあります。

ファンタジースポーツでは、現実に存在する世界各国のサッカー選手や野球選手の中から、好きな選手を選んで、自分だけのファンタジーチームをつくることができます。

自分でつくったチームにいる選手が、現実の試合で行ったパフォーマンスの内容によってポイントが加算されたり引かれたりしていきます。

そうして最終的に最も多くのポイントを集めた人が勝ち、といった内容のゲームです。

例えばサッカーであれば、その選手がゴールを決めたら○点、アシストをしたら○点、野球であればヒットを打ったら○点、三振でマイナス○点といった感じで、その選手が試合中にどんなパフォーマンスをしたかによって得点決まります。

もともとファンタジースポーツは、バーなどでスポーツ好きの友達や同僚同士で楽しまれ始めたものです。

当時はお金を賭ける人もいれば、賭けずにゲームを楽しむ人もいて、親しい友達の中で楽しむというものでした。 

ですが最近ではファンタジースポーツ専用のサイトなどもできていて、その人気はどんどん高くなっています。

このようなサイトはブックメーカーやオンラインカジノに入っているものではなく、ファンタジースポーツ専用のサイトとして独立して存在しています。

ファンタジースポーツはそのスポーツや選手についてよく知っていないと難しそうに思えるかもしれません。

ですが、実はファンタジースポーツは昔日本で流行った「ファミスタ」というゲームに似ているらしいです。

ファミスタはファミコン時代に流行ったゲームで、チームを選んで戦わせるという内容のゲームです。

同じように選手を選んで戦わせるという内容のゲームには「ウイイレ」や「FIFA」というものもあります。

このようなゲームとファンタジースポーツが異なっているポイントは、ファンタジースポーツでは選んだ選手をゲーム上で操って戦うことで勝敗が決まるのではなく、選手を選んで架空のチームをつくったら、その選手が現実世界の試合でどのようなパフォーマンスをするかによって勝敗が決まるという点です。

 

ファンタジースポーツとデイリーファンタジースポーツ

ファンタジースポーツの他に「デイリーファンタジースポーツ」というものもありますが、この2つの違いは「期間」です。

ファンタジースポーツでは1シーズンを通してポイントを競いますが、これに対してデイリーファンタジースポーツでは1日〜1週間くらいの単位でポイントを競います。

デイリーファンタジースポーツはファンタジースポーツの短縮バージョンで、「デイリー」と言う言葉からもわかるように「もっと短期間でファンタジースポーツを楽しめる」というものです。

「結果が出るまで1シーズンも待っていられない」という人たちがこのデイリーファンタジースポーツを生み出したのでしょう。

 

異なる点は期間だけであって、基本的なことはファンタジースポーツもデイリーファンタジースポーツも変わりありません。 

ファンタジースポーツでは、サイトやアプリで「コンテスト」と呼ばれる有料の形式で行われます。

参加費のみからお金を徴収されて、徴収されて集まったお金が勝者の獲得できる賞金となります。

このように参加者が増えれば増えるほど賞金も増える仕組みになっている点が、ファンタジースポーツの特徴です。

参加費の一部は賞金となる他に、「胴元」という主催者やプロバイダーにサービスを提供した利益分として入ります。

people watching soccer arena

ファンタジースポーツの歴史

ファンタジースポーツの歴史は長く、もともとはチームスポーツの多いアメリカで始まったと言われています。

ファンタジースポーツの特徴である「選手選び」と「年間の成績」に基づいて行われるというコンセプトは、第二次世界大戦の直後に一部のビジネスマンによって生まれました。

その後同一人物が1950年代の後半に「ファンタジーゴルフ」を考案して、ファンタジースポーツはだんだんと広まっていきました。

 

近年ファンタジースポーツが急激に普及しましたが、これはインターネットの普及と関係しています。

ファンタジースポーツの人気が高まるにつれて、アメリカのそれぞれの州では変化があり、ファンタジースポーツによる賭け事を合法化する州も増えましたが、違法・規制化する州も増えていきました。

ファンタジースポーツのガイドなどファンタジースポーツに関する出版物も増えていて、近年では参加者も急激に増えていっています。

 

もともとファンタジースポーツの発祥の地であるアメリカではアメフト、バスケ、野球、ゴルフなどたくさんの競技でファンタジースポーツを楽しめます。

これに対してファンタジースポーツが最近流行り始めたヨーロッパでは、サッカーでファンタジースポーツを楽しんでいる人が多くいます。

人気が高まるにつれて参加者が増えるので、賞金も増えているようです。

 

日本でのファンタジースポーツの人気度は?ファンタジースポーツは日本でもできる?

日本でのファンタジースポーツの認知度はあまり高くありませんが、実は日本にもファンタジースポーツのサイトがあるようです。

日本ではお金を賭けると違法になってしまうので賭け事はできませんが、ファンタジースポーツ自体を楽しむことはできます。

アメリカやヨーロッパで人気なので、もしブックメーカーやカジノサイトなどでファンタジースポーツが取り扱われるようになれば、日本でも参加する人が増えるかもしれません。

 

ファンタジースポーツでは分析力と選手を見極める力が必要になります。

通常のスポーツベットに比べて選手の動向や調子を追うようになるのでスポーツに詳しくなれそうですね。

またファンタジースポーツをやっていれば、スポーツベットにも強くなれるかもしれません。 

「そろそろ日本でもどこかでファンタジースポーツベットができるようになるんじゃないか」とも言われています。

ファンタジースポーツを運営するのは日本ではありませんが、日本へ向けてのサービスが始まるかもしれないという話もあります。

もし日本でもアメリカやヨーロッパと同じようにファンタジースポーツができるようになれば、スポーツの楽しみも増えそうですね。