エントロペイの出金・入金・ログイン・登録方法(サービス終了)

エントロペイ

今年からオンラインカジノやブックメーカーで遊び始めたの方々には聞き馴染みが無いかもしれませんがかつて日本だけでなく世界各国で使用されていた非常に便利な入出金サービスが有りました。

それが「entropay/エントロペイ」です。

そんなエントロペイが2018年にいきなり使えなくなり、世間は非常に大きな混乱に陥りました。そしてエントロペイは2019年7月におしまれつつサービスを終了してしまいました。

今回はそんなエントロペイについて、またサービス終了に伴い2019年現在の利用されている入出金サービスにも触れていきたいと思います。

エントロペイとは

オンラインカジノやブックメーカーは世界中で愛され楽しまれている娯楽であることは読者の皆さんに語らずともご理解できていることでしょう。これらのオンラインカジノとブックメーカーは主にヨーロッパ圏が運営するサイトになります。ヨーロッパ圏ではしっかりとした法整備と公正な委員会によるライセンスの発行などを徹底することで悪質なオンラインカジノやブックメーカーが存在することのないよう取り締まられています。

そんなヨーロッパ圏では入出金もクレジットカードでサクッと行うことができるのですが、日本市場は違います。

日本市場から入金して遊びたくても入金の手段がない・・・そんな諸外国のためにあったサービスがエントロペイでした。

エントロペイは簡単に説明するとプリペイド型の電子マネーです。仮想のプリペイドカードを作ることで、世界中のさまざまなサービスやショッピングで送金したり、購入が可能という次世代型の決済サービス。VISAカードの加盟店であれば世界中どこでも利用できる便利さと、入金した残高以上は利用できないプリペイド方式を利用しているという安全性から世界中で支持される決済方法として注目を浴びていました。

イギリスの金融サービス機構FSA(Financial Service Authority)の認可もある安心安全のサービス。

簡単にクレジットカード情報を登録し、インターネット内でアカウントと仮想プリペイドカードを作成し、クレジットカードやデビットカードなどから仮想プリペイドカードに入金し、そのまま仮想プリペイドカードからオンラインカジノやブックメーカーに入金と出金を行うことができるサービスで、これはヨーロッパ圏の市場以外の諸外国で広く利用されていました。

2018年中旬に突如としてヨーロッパ圏外とノルウェーを除き、サービスの停止が宣言され、多くのユーザーやオンラインカジノとブックメーカーを驚かせ、新たな決済サービス方法の模索を取ることになりました。そうして2019年にとうとう惜しまれつつ、エントロペイは終了しました。

エコペイズを利用しましょう

現在の多くのオンラインカジノやブックメーカーで幅広く利用されているのは「エコペイズ/ecopayz」でしょう。

ブックメーカーの信頼と実績と長い歴史を持つ老舗サイトであるウィリアムヒル/WilliamHillでも使用されている決済サービスなのでこのサービスを利用すればあらかた問題ないでしょう。

さらにエコペイズはポケットチェンジというサービスでも入金が可能です。

ポケットチェンジは余った外貨や訪日外国人が余らせてしまった日本円を電子マネーやクーポンに換金するサービス機器で、日本の空港や各都市部などに設置されています。

このポケットチェンジの入金サービス欄にエコペイズがありますので非常に便利です。

参考記事:エコペイズについて

他にもスティックペイ/STICPAYなどが大手オンラインカジノやブックメーカーで使用されている傾向にあると言えます。

ワンバイベット(1xbet)というブックメーカーではスティックペイが利用できます。

スティックペイで入出金がもちろん可能で、1日に出金できる限度額はエコペイズより高い点もオススメです!

ちなみにこのワンバイベットというブックメーカーでは仮想通貨での入金も可能なのです。

近年では仮想通貨は世界中で取引されており日本でも仮想通貨を持っている方々は数多く居ると思います。こういった幅広いユーザーのニーズに手が届く点も人気なブックメーカーとして利用されている証なのでしょうね!

ヴィーナスポイント/Venus Pointもオススメのサービスです。

こちらも多くのオンラインカジノやブックメーカーで使用可能です。現金を預けるサービスとは異なり、ヴィーナスポイントは条件達成してポイントを貯めるサービスで、カジノの勝ち金もポイントチャージが可能です。

1ポイントを$1として換算しており、手数料も低いのが魅力的ですね!

ベラジョンカジノカジ旅など大手のオンラインカジノで使用可能で、ブックメーカーもネットベット(NetBet)などが対応しています。

自分の利用する決済方法をいくつか持っていると便利

今回のようなエントロペイの突然のサービス終了など、やはりどんなことにも不測の事態というものは起こる時には起こるものです。

オンラインカジノもブックメーカーも一つの多くの決済サービスを利用しています。

お気に入りの利用するサイトや決済方法をあらかじめ複数持っていたほうが何かあった時に困らないのではないでしょうか。

とはいえ、アカウントなどを数多く作っても入出金の支払いや管理が大変になるでしょう。

自分自身の裁量の中で遊ぶオンラインカジノやブックメーカー、決済サービスをせめて2つ3つ用意しておくのがベターといえるでしょう。

今後も新しい決済サービスはあらわれるのだろうか

かつてもネッテラー/Nettellerという決済サービス電子ウォレットサービスが存在し、同じようにオンラインカジノやブックメーカーで利用されていました。しかし突然とサービス停止し、復活した際には更に多くの決済に対応したサービスとして帰ってきましたがオンラインカジノやブックメーカーに非対応となっており多くのユーザーを更に驚かせました。

それまではネッテラーも「決済サービスといえばネッテラーだよね!」といっても過言ではないメジャーな存在でしたし、まさかその後エントロペイも同じ道を辿り、当時のネッテラーのポジションにエコペイズが収まるなどと誰も予想はしていませんでした。

これはつまり上記のエコペイズやスティックペイにヴィーナスポイントもいつサービス停止するかなんて誰も予想できないということです。

私達は常に新しい新時代のサービスが生まれるかもしれないと常に情報のアンテナを張っておく必要があります。

有事の際は使用可能な決済方法をプレイヤー同士で情報共有し、助け合うことができるようにしておきましょう!

以上、エントロペイを例に上げた決済サービスについての特集でした!

最新の決済サービスの情報などもし知っていたらぜひ教えて下さい笑