eスポーツ成功ストーリー|16歳で1億越え?75歳のプロゲーマー⁈

eスポーツ

eスポーツは急激に人気を高めていて、2019年までには1113億円を超える賭博市場になると予測されていて、2021年には約1,800億円の売り上げを達成すると予測されています。

現在、世界では約3億8,000万人がeスポーツを楽しんでいて、4年後になるとその数は倍になるとも言われています。

eスポーツはここまで人気がある競技なので、その分賞金の額も高くなります。

スキルのあるプロゲーマーになれば、年収も億越えになります。

ゲームをプレイして億単位で稼げるというのは現代ならではで、まさに21世紀の象徴です。

プロゲーマーの平均年齢

プロゲーマーは若い世代が多いですが、年齢はゲームによります。

シューティングゲームなど射撃の腕が必要になるゲームでは若いプロゲーマーが多いようです。

それに対してカードゲームなどになると、シューティングゲームなどに比べて平均年齢も少し上がるようです。

ですが、ほとんど17〜25歳の年齢層に属しているようです。

以下にゲームごとの例をあげてみます。

ゲーム平均年齢
Super Smash Bros. Melee25.2歳
CS:GO23.4
DOTA 223.5
uper Smash Bros. Wii U23.2
Starcraft23.0
League of Legends21.2

それぞれのゲームと平均年齢の関係はこのような感じです。

若い年齢層の多いeスポーツ界ですが、その中でもとくに注目を浴びた16歳のプロゲーマーや、75歳のプロゲーマーについてご紹介していきます。

パキスタンの16歳プロゲーマー

2015年8月8日にアメリカのシアトルで開催されたInternational 2015 Dota 2 Championshipsでは、16歳で最年少のプロゲーマーを含むチームEvil Geniuses (USA) がCDEC(中国)に激戦ファイナルで勝利し、合計6,634,661ドル(約7億5千万円)の賞金を獲得しました。

このInternational 2015 Dota 2 Championshipsは、18,429,613ドル(約20億9千万円)と、これまでのeスポーツ大会の中で一番大きな賞金プールとなったトーナメントでした。

Evil Geniusesの5人チームの中の選手の1人は、なんと16歳と2ヶ月21日のゲーマーで、パキスタンのSumail Hassan Syed /  “Suma1L”(写真一番右)という選手です。

彼はeスポーツ賞金1ミリオン(1億1千万円)以上を獲得した最年少のゲーマーとなりました。

また彼はThe Internationalでの優勝者としても最年少です。

このトーナメントでEvil Geniusesが勝利したことによって、“Suma1L”のプロ・ゲームでの総収入は1,639,867ドル(約1億8千6百万円)という莫大な額まで引き上げられました。

“Suma1L”はプロゲーマーとしてのキャリアを磨くために、2014年にアメリカのイリノイ州に移住しました。

2015年2月に中国で行われたDota 2 Asian ChampionshipでEvil Geniusは120万ドル(1億3千6百万円)を獲得しました。

“Suma1L”はこの時もチームの一員として試合に出ていて、当時はまだ15歳でした。

ちなみにThe Internationalの賞金の大部分は、Dota 2 CompendiumがValveの店を通じて販売されたことによる資金から調達されました。

これは民衆から集められた賞金プールの大きな例とも言えます。

平均年齢67歳のプロチーム

若い年齢層の多いeスポーツ選手ですが、スウェーデンには平均年齢67歳のプロチームがあります。

eスポーツでプレイされている代表的なゲームのうちの1つCounter-Strike: Global Offensiveをプレイするプロチームで、「Silver Snipers」というチーム名です。

5人のチームのうち2人は75歳で、他は57歳、62歳、66歳の5人のメンバーで結成されています。

だんだんと実力をつけてきてきたSilver Snipersは、素人のゲームスキルに比べると断然優れています。

この年齢でプロのeスポーツ選手として活躍しているというのはすごいですね。

この5人のおじいちゃんおばあちゃんの孫たちもCounter-Strikeをプレイしていて、みんな応援してくれているそうです。

この5人はもともとビデオゲームをしていたわけではなく、元々は倉庫で働いていたり、接客業、採掘業界のコンサルティング、アーティストなどでしたが、募集広告に応募したことで結成されたようです。

スウェーデンではオンラインカジノも人気ですが、eスポーツがとくに盛んな国です。

そんなスウェーデンなので、このように募集で応募してくるシニアのプロゲーマー達がいるのも納得できます。

結成された当時は、5人のうち誰もCounter-Strikeどころかビデオゲームの経験もほとんどなくて、設定の仕方から狙いの定め方、敵の見分け方まで教わらなければならなかったそうです。

今ではみんな毎日数時間の練習を欠かさずにしていて、月に2回は1日中合同練習しているそうです。

Counter-Strikeの世界一のシニアチームを目指してがんばっているので、その日が来るのも近いのではないでしょうか。

これからもがんばってほしいですね。

老若男女問わず楽しめるeスポーツ競技は、ブックメーカーでもベットすることができます。

ゲーム好きの人は、ベットして試合を観戦すればより一層楽しめますよ。