バカラ・ブラックジャックなどオンラインカジノでカウンティング便利アプリやツール

ブラックジャック カウンティング ツール

カジノ好きなら一度は耳にしたことがある「カウンティング」。

本記事ではそんなカウンティングについて、ブラックジャックやバカラでの攻略法のみならず便利なアプリについてもご紹介しています。

オンラインカジノでカウンティングは可能?

カジノの攻略法として有名なブラックジャックのカードカウンティング。

カウンティングとはブラックジャックにてすでに使われたカードを数えることで、次に配られるであろうカードを予測することです。

このカウンティングは「レインマン」や「ラスベガスをぶっつぶせ」といった有名な映画の1シーンにもなっていました。

そんなカウンティングですが、オンラインカジノでも使うことはできるのでしょうか。

一般的なオンラインカジノのプログラム型のブラックジャックでは、毎回シャッフルされるのでここではカードをカウントしても意味がありません。

しかしライブディーラーのいるライブカジノであれば、実際にカードを使用してリアルカジノとほぼ同じ環境でのプレイになります。

そのためライブディーラーならカウンティングは可能です。

ブラックジャックカードのカウンティング|使えるアプリやツールも

ブラックジャックでのカードカウンティングでは、場に出たカードの全てを暗記することでシューにあるカードを把握します。

ブラックジャックのゲームのプレイ中に場に出るカードを全て暗記することは大変困難です。

プレイヤーやディーラーに配られたカードのみでも把握することは難しいですが、オンラインカジノでの他者と共にプレイするライブブラックジャックともなると、参加者全員のカードも含めて全て暗記することになり、相当な集中力が必要です。

そこで発案されたのは「カードをグループ毎に分け数値化する」というカウンティングです。

この方法を用いれば簡単な計算で全てのカードを管理することができます。

ブラックジャックでのカウンティングにはたくさんの方法がありますが、ここでは最も簡単な「ハイローシステム」について解説します。

ハイローシステムでは「10」「J」「Q」「K」「A」の5枚のカードを『-1』とし、「7」「8」「9」の3枚のカードを『±0』、「2」「3」「4」「5」「6」の5枚のカードを『+1』、という風に3種類の数値に分けて計算しながらカードを管理するカウンティング方法です。

ブラックジャックのカードカウンティングでは、「10」の役割のカードは偏りを見極めのためにとても重要です。

このカードをマイナス値でカウントすることにより、効率的に偏りを見極めることが可能です。

カウンティングの結果が「マイナス」の場合

ブラックジャックのカードカウンティングにて「10」の役割を持つカード(10、J、Q、K)は全部マイナスとしてカウントされます。

そのためマイナスの数値が多いほど「10」の役割を持つカードがシューから場にでていることが推測されます。

つまりカードカウンティングを行い合計値はマイナスであればあるほど「10」を引く可能性が少なくなるのです。

カウンティングの合計値が大きくマイナスであるなら、無理な勝負はせずに相手のバーストを待つと良いでしょう。

カウンティングの結果が「プラス」の場合

ブラックジャックのカードカウンティングでは「10」の役割を持つカードがマイナスとなるため、プラス値が大きければ大きいほど「10」以外のカードが場に出ているということが予測できます。

この場合は、シューに「10」の役割を持つカードがたくさん残っているということです。

そのため合計値がプラスであればあるほど「10」の役割を持つカードを引く可能性が高くなります。

カウンティングの合計値が大きくプラスになるのならヒットやダブルダウンを積極的に選びましょう。

アプリやツール

カードカウンティングにはとにかく練習が必要です。

上達を目指すのに力となってくれるアプリが実は存在します。

Card Counter Free/TMSOFT

英語のアプリですが、ゲーム感覚でカウンティングを学ぶことができます。

このアプリで、大体のカウンティングの流れはつかめるはずです。

さらにクリアするごとに難易度が高くなる設計なので着実に実力をつけることができるでしょう。

バカラでのカウンティング期待値|アプリやツールも

バカラでのカウンティング方法には「数値ごとに使われたカードを数える方法」と、「プレイヤーに有利なカードとバンカーに有利なカードに分けて数える方法」が存在します。

数字ごとに使われたカードを数える方法

A、2、3、4、5、6、7、8、9、10、J、Q、Kの数字ごとに使われたカードを数えていきます。

バカラで10、J、Q、Kはすべて0とカウントするので、「10、J、Q、K」をひとつにまとめることもできます。

使われたカード・使われていないカードの内訳が厳密に分かりますが、記録することに手間がかかります。

プレイヤーに有利なカード・バンカーに有利なカードに分けて数える方法

前述の通り1(A)~4はプレイヤーに有利なカード・6~10、J、Q、Kはバンカーに有利なカードとなります。

プレイヤーに有利なカード・バンカーに有利なカードがそれぞれ何枚使われたかのみを記録します。

こちらの方法は記録する内容が少ないため、記憶のみでも実践できランドカジノでも使いやすいです。

アプリやツール

バカラの予想アプリとして「ビーフォーカス」があります。

この「ビーフォーカス」ではバカラのカウンティングソフトの昨日も持っているため、最高のアシストツールとなります。

まとめ

バカラやブラックジャックにおいてもカウンティングはとっても役に立つ攻略法です。

またこのカウンティングを利用できるのもオンラインカジノならではでの醍醐味。

便利なアプリを使って是非攻略してみてくださいね。