カジノエックス (Casino-X) 出金

どこのオンカジサイトでもそうですが、勝利金を引き出す大事なプロセスである「出金」には、色々と条件があったり、方法もサイトによって違うので、プレイ&ベット前に確認必須です!!この記事では、カジノエックスからの出金のメリット&デメリットや手順、出金条件、注意事項などをご紹介します。

この記事では次の内容が読めます。

  • カジノエックス 出金のメリット&デメリット
  • カジノエックス の出金条件(キャッシュ、ボーナス)
  • カジノエックス の出金手順
  • カジノエックス の出金方法(手段)
  • カジノエックス での出金には各種認証が必須!!

カジノエックス 出金のメリット&デメリット

メリット

  • 素早い出金スピード(申請から1時間〜数時間)
  • 出金は1日2回まで手数料無料(3回目〜は手数料10%)
  • エコペイズ等電子決済からビットコイン等仮想通貨まで、豊富な出金方法

デメリット

  • 出金条件が複雑&ボーナス出金条件が厳し目

カジノエックス の出金条件(キャッシュ、ボーナス)

出金条件はオンラインカジノ特有のシステムです。サイトによって違うので、しっかり確認しておきましょう。カジノXは、ボーナス出金条件が厳しいサイトです。

キャッシュの出金条件

キャッシュの出金条件は、入金額と同額のベットです。入金してからすぐに出金することはできないので注意してください。

3万円の入金に対して、3万円をゲームでベットすることによって出金が可能になります。

これはマネーロンダリング防止のためで、どこのカジノサイトでも同様ルールがあります。

クリックしてカジノXでプレイ!

クリックしてカジノXのレビューを読む

ボーナスの出金条件

カジノエックスには高額の初回入金ボーナスがありますが、以下の出金条件があります。

入金額出金上限賭け条件有効時間最大ボーナス額
2,000円~4,999円ボーナス額×10倍ボーナス額×25倍30日5,000円
5,000円~49,999円ボーナス額×10倍ボーナス額×25倍30日30,000円
50,000~ボーナス額×10倍ボーナス額×30倍30日200,000円

カジノエックスの出金条件には、出金上限金額があるので注意しなければなりません。出金

出金上限・賭け条件とは?

「出金上限が10倍」=ボーナスで30,000円を貰った場合は勝っても300,000円までしか出金することができないという意味です。例えば350,000円勝った場合は、5万円は出金時に没収されてしまいます。

「賭け条件が30倍」=60,000円入金した場合は最低1800,000円ベットが必須という意味です。

*ボーナス有効にした場合の出金には、出金条件をクリアしていることが必須です。もし現金をすぐ引き出したい場合は、ボーナスをもらわない方がいいでしょう。詳しくはこちらのページで!

カジノエックス の出金手順

トップページから『入金ボタン』をクリック(*出金もここから可能)。すると、次のページで入金&出金手段が選べる表(当ページの次の画像)が表示されるので、選んで出金するだけです。

または、

トップページの3本線メニューをクリックして、開いたウィンドウで『レジ』を選択しても、同じく入出金可能なページに飛びます。

★注意★

出金は上記手順でスマホからも可能ですが、出金申請のキャンセルはパソコンからじゃ無いと出来ません。

カジノエックス の出金方法(手段)

カジノエックス での出金方法は、以下の画像の通りです。

payment options

電子決済:

Ecopayz(エコペイズ)/ Venus Point(ヴィーナスポイント)/ MuchBetter(マッチベター)/  iwallet (アイウォレット)

仮想通貨:

Bitcoin(ビットコイン)/  ethereum(イーサリアム)/  ripple(リップル)/  litecoin(ライトコイン)

*1日2回まで出金手数料無料です(3回目〜は手数料10%)。

*月間出金上限額は100,000米ドルです。

*エコペイズ(Ecopayz)は日本のATMからの出金が可能です!

★注意★

入金方法と同じ出金方法のみ選択可能です。クレジットカードで入金した場合も、希望の出金方法と同じ方法で入金履歴を作っておく必要があります。

クリックしてカジノXでプレイ!

クリックしてカジノXのレビューを読む

カジノエックス での出金には各種認証が必須!!

カジノエックスでは、プレイを始めるのに電話番号認証・身分証認証は不要ですが、出金には必須になっています。電話番号認証は SMS で1分程で終わりますが、身分証認証は下記の1+2が必要なため、少々準備を要します。気をつけましょう!!

1.【パスポート・運転免許証・個人番号カードか住民基本台帳カード】のいずれかの画像

2.【カードのご利用明細書・住民票・光熱費か携帯電話料金の請求書】のいずれかの画像