アメリカの入国規制事情

入国規制.jpg

 ラスベガスに活気が戻ってきた所で多くの人々が来訪に興味を持ちだしています。そんな中で気になるのがアメリカへの入国事情です。

現在のアメリカへの入国体験について

 今回紹介するのは現時点におけるアメリカ側の入国手続、および帰国時の空港での PCR検査などに関して、実際の現場の様子です。主な空港での入国について記載していきます。

オンラインカジノ初心者向けガイド

アメリカから日本での検査

入国規制2

 搭乗者は非常に少なく約50人くらいです。乗客全員はマスクを着用していました。機内で到着後のPCR検査などに関する書類が配られます羽田空港に到着後、綿棒を鼻の穴の中に入れられる PCR検査を受けることになります。結果が出るまで 10時間以上かかるため、自宅、ホテル、もしくは空港内の専用待機ルーム、のどれかを選択し、その場所で結果が出るまで待機するように指示されます。

カジノで損をしない秘訣とは?

日本からアメリカへの入国

 フライトの乗客者数はかなり少なく、座席は閑散としていました。空港に到着後、コロナ前の通常時と何ら変わることのない手順で入国が完了しました。アメリカ在住者ではない日本人観光客も特に 14日間の自主隔離などのことにはふれられること無く入国審査が完了していたようです。つまり、コロナのための特別な措置は一切なかった、という結果になりました。別の空港でも同様の対応がなされているようで、通常時と変わらない方法でラスベガスまで到着できてしまった、ということになりました。