福岡市IRに新しい動き!上申書を提出か。

福岡IR1.jpg

福岡市のIR誘致促進委員会が、福岡市内へのIR誘致を求める上申書を8月19日、福岡市議会に提出しました。去年からあまり動きのなかった福岡市内でのIR誘致活動ですが、これを機に動く可能性があります。

福岡市IR誘致促進委員会とは

 IR誘致促進委員会は、福岡市東区の自治会長である井上準之助氏が会長を務める、福岡市民によって結成された市民団体です。

8月19日に福岡市議会、高島福岡市長ら福岡市行政、また九州経済連合会などの各関係機関に向けて「誘致促進依頼を要請する上申書」を提出しました。アメリカの調査会社によると、「2兆円の経済効果や2万人の新規雇用創出が可能であり、毎年多額の赤字が見られる地域においてプラス効果が期待できる」とのことです。

IR誘致の候補地として、東区・西戸崎や志賀島など「海の中道」と呼ばれるエリアが候補に挙げられています。

オンラインカジノで一足先にカジノを楽しむ

昨年のIR誘致活動の実施

福岡IR2

 福岡市民が市内へのIR誘致を求める運動は今回が初めてではありません。2019年9月に福岡青年会議所が「九州IRシンポジウム in福岡」を開催しています。

福岡青年会議所が提出した「IR提言書」は、福岡の地方創生や九州全体への大きな波及効果を構想に組み込んでおり、昨年10月1日の時点で福岡市長・高島宗一郎氏は、「今は考える状態にはない」とIR誘致については否定、その後の動向はありませんでした。

今回のIR誘致促進委員会の活動再開で福岡IRの停滞、さらに新型コロナウイルスの影響による経済的ダメージを受けている状況下で、様々な可能性が想定されているためこれからの動きに注目です。

今後のIRの行方をチェック