営業再開できてもアフターコロナの前途は多難のカジノホテル

アフターコロナ1

 5月になりアメリカの各地で非常事態宣言の解除の見通しに関する議論が行われているのが散見されています。ネバダ州ラスベガスでは、続々と新たな感染者数が毎日報道されていますが、ゴルフやテニスが解禁されるなど、新しい動きが活発になっています。そんな中で営業再開の目途を立てたい業界はざわつき始めている様です。

 こちらの記事ではカジノホテルの動きや、再開後に出てくる問題点などを取り上げてみたいと思います。

5月23日の営業再開は希望的観測となる模様

 一ヶ月ほど前まで多くのカジノホテルは営業再開日を5月1日に設定し、宿泊予約も受け付けていました。ところがその日をすぎた今になってもまだ、どこも開業していません。

 そして現時点では、祝日で3連休となる 5月23日の週末を営業再開日としているホテルが多いようですが、はたしてあと2週間ほどで開業できるものでしょうか?

早期の再開を望む所ですが、外で遊べなければこの機会に家でオンラインカジノを楽しむのもおススメです。

アフターコロナ2

三密を避けるアフターコロナは悪いことばかり

 新型コロナ以外にもさまざまなウイルスや病原体は存在しています。この騒動をきっかけに「三密」と称される密閉、密集、密接に不安を感じる人たちが増えた場合、コロナ終息後でもカジノにとっては大きなマイナス要素となります。

 その上、狭い空間での搭乗を余儀なくされる飛行機等の移動手段を避ける人たちが増えれば、客足が確実に伸びないという点でラスベガスには痛手です。ラスベガスにとってコロナの後の時代は悪いことづくめになりそうです。

お家でラスベガス体験しよう!三密を避けて遊べるオンラインカジノはコチラ