遠のくラスベガスの復興。CES中止

CES1

 新型コロナの感染拡大を理由に、2021年の「CES」の中止が主催者から発表されました。正確には、オンラインでの開催を検討しているとのことなので、完全に中止という表現は適切ではありませんが、ラスベガスにとっては事実上の中止と考えてよいでしょう。

CESは「テクノロジーの祭典」

CES2

 CESとは、毎年1月初旬に当地で開催されている世界最大級のコンベンションのことです。20年ほど前までは家電メーカーなどエレクトロニクス業界を中心とするイベントだったのですが、近年は製造業に限らずグーグルなどのIT業界、さらには自動車業界までも参戦するなど、分野を問わないテクノロジーの祭典といった位置づけとなっており、各企業はこのCESに照準を合わせて新製品を発表しています。

オンラインカジノで貢献

復興に向けた前向きなプランは見直しせざるを得ない状況

 当地を代表するコンベンションであるCESが中止を決めれば、それが引き金となり、他のコンベンションでも中止の方向に流れる可能性が高いといわれています。CESの中止の発表を受け、いち早くベネチアンホテルやパラッツォホテルを運営する Sands社の社長がこの街の将来を危惧するコメントを発信しています。

 コンベンションに大きく依存するラスベガス経済にとって、イベントの中止の流れが加速することは、この街の死活問題でもあり、このまま大きなコンベンションやイベントが次々と中止になるようであれば、各カジノホテルは復興に向けた前向きなプランを見直さざるを得ないでしょう。

オンラインカジノを盛り上げよう!