マカオ政府、カジノスタッフへの新型コロナ検査を完了

7.マカオカジノ1.jpg

 マカオのカジノで働くおよそ5万3千人のスタッフが新型コロナウイルス検査を受け、全ての結果が陰性だったことを衛生当局が木曜発表しました。

前線で働くスタッフに検査を義務付け

マカオカジノ2

検査しなくてもいい!オンラインカジノ

 前線で働くスタッフは、無料で提供される一度限りの新型コロナウイルス検査を通過しなければなりませんでした。この検査は、全てのディーラ―、両替所スタッフ、警備員、その他前線で働くスタッフ、そしてジャンケット従業員などにも適用されています。衛生局は、コンセッション保有6社のカジノスタッフほぼ全員がウイルス検査を受けており、残っているのはほんの少数だと述べています。DICJが、もしゲーミングエリアで勤務した人の中から新たに陽性の検査結果が判明した場合、2月以降初めてカジノは休業に直面すると警告していました。

家でも臨場感を感じよう!ライブカジノ

カジノ入場者へも検査を義務付け

 マカオ政府衛生局とゲーミング監察協調局(DICJ)は7月、通常の状態へと戻り始めているマカオ-本土間の入境口の交流、そして個人訪問スキーム(IVS)によって、カジノへの入場者全員に過去7日以内に取得したウイルス検査陰性結果の提出が義務付けられるようになることを表明しています。

 マカオでは、5カ月以上新型コロナウイルスの新規市中感染例は確認されていません。