ポーカーの主要トーナメント、日本で記録的なエントリー

主要ポーカートーナメント1

 世界のポーカー業界はコロナウイルスの影響を受け続けており、来月アジアで開催される予定だった2つの主要なトーナメントシリーズが、現在進行中の新型コロナの広がりと旅行制限のためにキャンセルされました。

フィリピン、アジアンポーカーツアーの中止

 アジアンポーカーツアー(APT)は今週、フィリピンがコロナウイルスの封じ込めに苦慮しているため、当初9月8日から21日までリゾーツ・ワールド・マニラで開催される予定だったAPTフィリピンがキャンセルされたことを発表しました。

APTは3月のAPT Taiwan以来、ライブイベントを開催していません。

自粛期間はオンラインカジノで遊ぶ

韓国でもポーカーイベントが中止

ポーカートーナメント2

韓国・仁川のパラダイ・スシティにあるパラダイス・ポーカーは、9月20日から23日に予定されていた人気のワールド・ポーカー・ツアーイベント(WPT)が、国際的な旅行規制のために継続できないとしています。

WPTは以前、2020年5月までのイベントを全てキャンセルしています。

オンラインカジノならここ!

日本のツアーは?

 WPTは週末にWPTジャパンを開催しており、WPTジャパンのメインイベントとして記録的な726人のエントリーを集めました。このイベントは主催のサミー株式会社の東京本社でファイナルテーブルが行われ、3月以来のWPT主催のライブイベントとなりました。