トップオブベストギャンブラーの伝説

世界各国のカジノを巡り、勝利し続ける天才ギャンブラーは、物語の中だけの話ではありません。特にすごい伝説を持つギャンブラーをご紹介していきます。

エド・ソープ “カジノ禁止行為を開発した天才数学者”

エド・ソープ1

ブラックジャックの「カードカウンティング」の手法を開発したのは、カリフォルニア大学で数学の教授をしていたエド・ソープです。彼は、ブラックジャックにおける確率を研究しており、数字の3、4、5、6、7が少なければ少ないほど、プレーヤーにとって有利だということを突き止めました。その他にも細かいルールがありのですが割愛します。そして1962年には、エド・ソープ自身の必勝法を解説した書籍 『Beat theDealer』を出版します。そしてカジノで儲ける人が続出しました。

 カードカウンティングの勝率、威力は凄まじく、現在では世界中どこのカジノでもカウンティングを禁止しているほどです。エド・ソープは、数学者としての顔だけでなく、ブラックジャックの歴史に最も大きな影響を与えた天才ギャンブラーと言えますね。

バカラ必勝法とは?

ドン・ジョンソン “カジノ泣かせのBlackJackマスター”

ドン・ジョンソン

 ドン・ジョンソンはブラックジャックのプレイヤーとして名を馳せていました。2010年、高額BETのゲームに招待された彼は、半年で約1,500万ドルを得ました。その方法は、彼はまず、「ルール」「キャッシュバック率」を変更するようカジノ側に交渉しました。カジノ側は諸般の事情から条件を飲まざるを得ず、彼は大金を手にすることとなったのです。

 ドン・ジョンソンは、ギャンブラーとしてはもちろんのこと、交渉人としても一流であり、自らに有利な条件を引き出すのに長けた頭脳派プレイヤーということになりますね。

オンラインカジノ必勝法